学生でも持てるクレジットカード

学生の皆さん、自分はまだ社会に出て働いてないからクレジットカードを学生さんは持てないと思っていませんか。実は、クレジットカード会社にとって学生は、将来社会人になってそのまま利用してくれることを期待している良いお客様なのです。

そういうこともあって、一般のクレジットカードより審査はやさしめでいけるようです。もちろん、預金通帳にある程度の金額は入っていないといけないですし、使える限度額も低いのですが、それでも学生のうちにカードを持っておく利点は色々あります。

まずなんと言っても、今は通販などネットを利用したお買い物が多くクレジットカードで払えるほうが便利ですし、一般の他にも、お買い物などによって溜まったポイントを貯めて換金できますので、下宿して一人暮らしをしている人などは、公共料金や携帯電話の料金の支払いををカードでしている人も多いようです。

そして、年会費が無料というところも多いですので、これは本当に嬉しいことです。他にも、海外旅行などで事故や怪我にあってしまった時、実費で払うのは相当な額になりますので、保険に入っておくほうがよいのですが、海外旅行保険つきのカードもあります。ただ、注意していただきたいのは、安易にカードを作ってバンバン使いまくり、口座引き落としが出来ない状態が続きますと、信頼を失い将来的によくありませんので、それだけは肝に銘じて加入するようにしましょう。



クレジットカードの利用方法

日本経済の一端を担う業種のひとつに金融業界がありますが、金融業界の提供する様々な金融サービスは、庶民の暮らしを支えるのに最早なくてはならない存在となっています。特に最近日本で普及し始めている金融会社の金融サービスのひとつに、クレジットカードを利用した様々なサービスが存在します。

クレジットカードは現代の効率化する日本社会では、スピーディなお買い物をするにも便利なツールとしての側面を持ち合わせているため、一家に一枚のみならず個人に一枚かそれ以上のカードを所有することが、最早一般的な普通の社会人としては当然の常識になりつつあります。カードなき者は社会人にあらずという言葉があるように、一人前の大人としての証明書とも呼べるものなのです。

日本ののみならず世界中で普及しているクレジットカードですが、その利用方法は一般的にお金をATMなどから気軽に銀行口座から引き出したり、買い物時にショッピングローンで買い物が出来たり、キャッシングローン融資を受けたりするときに主に利用されます。昨今ではフリーターOKのクレジットカードが多数あり、クレジットカードを持てる人が多くなりました。

カードの使用は常に慎重に行いその管理も注意を怠らないことが大切で、万が一カードを紛失してしまった場合には、他人の悪用防止のために即座に契約を交わした金融機関に連絡を入れなければなりません。多くの場合にはカードには様々な特典が付いていて、ショッピング枠の利用を続けるうちにポイント等が貯まり買い物時に使ったりすることができます。正しい使い方をすればクレジットカードは生活に大変役立つツールになるのです。



カードローンとは

カードローンとは「個人向けの無担保融資」のことです。お金を借りる時には、たいてい担保が必要になりますが、カードローンはその担保がなくても、個人を信用してお金を貸してくれます。その信用の裏付けは、ローンを申し込む際の審査です。といっても、一番のポイントは年収の高さとか職種などではなく、毎月安定した収入があるかどうかです。職種も審査の対象とはなるようですが、職業そのものよりも何年勤めているのかというほうに重きがあるようです。

申し込み方法としては、金融会社の窓口、無人ATM機、電話、インターネットなどがありますが、インターネットでも申し込んだ後30分程度で審査結果がわかり、即日お金が借りられるということも可能です。通常の申し込みでも1週間以内に結果がわかります。 審査が通るとカードを受け取ることができるようになりますが、受け取り方法は店頭や自動契約機、郵送などの方法があります。 こうしてカードを受け取ったら、コンビニや銀行のATMから借り入れができるようになります。

カードが発行されたら、あとはいつでもATMを使って自由にお金を借りられるわけですが、カードローンには借入限度額が設定されていますので、好きなだけ借りられるということにはなりません。もちろん、返済のことを考えずに好きなだけ借りるというのでは困りますが。 カードが発行されたばかりの当初は、限度額も高くありません。しかし借りたお金をきちんと返し、また借りるというように実績を重ねていくと、だんだん借りられる限度額も高くなっていきます。